ピアノ教室のホームページの作り方とは?事例や人気が出るためのポイントを解説

ピアノ教室のホームページの作り方とは?事例や人気が出るためのポイントを解説

公開日:2022/5/20
 最終更新日:2022/5/20

  • ホームページ作成大学運営

「ピアノ教室のホームページを作りたいけれど、ホームページを作るのって一体何をしたらいいかわからない」
「とりあえずホームページを作ってはみたけれど、なんだかしっくりこない」

インターネットを使ったサービスの比較・検討が当たり前になった現在、ピアノ教室にとってもホームページは強力な集客ツールとなります。
そこで本記事では、ピアノ教室のホームページ作成のためのポイントや実際のデザイン事例などをご紹介します。
ご自身のホームページ作成にぜひお役立てください。


01ピアノ教室のホームページの役割とは?

ピアノ教室のホームページには、以下のような役割があります。

・教室・講師の雰囲気を知ってもらう
・レッスン内容を知ってもらう
・問い合わせ・体験レッスンの窓口

ピアノ教室のホームページの役割とは?

ホームページがあれば、実際に足を運ばなくとも教室や講師の雰囲気を知ることができます。
レッスン内容を知ってもらい、時間や習得スキルの把握をしてもらう役割にもなるはずです。

また、問い合わせや体験レッスンの窓口としても機能します。

現在では、インターネットで店舗や教室の情報を検索する時代です。
そのため、ホームページがいわば名刺のような役割を持つと考えておくといいでしょう。


02ピアノ教室ホームページのデザイン事例

ピアノ教室のホームページを作ろうと考えても、なかなかデザインのアイデアが浮かばない方も多いはずです。
そこで、ここでは参考になるピアノ教室ホームページのデザイン事例を集めました。
特徴も解説していくので、ぜひ自身のピアノ教室ホームページに取り入れてください。

2-1.ヤマハ音楽教室

ヤマハ音楽教室

ヤマハ音楽教室は子ども向けのピアノレッスンをはじめ、ドラムやギターなどの楽器のレッスンも行っています。
入会受付やSNSキャンペーンのスライドショーを用いて、興味・関心を引き付けているのが、ファーストビューの印象です。

また、ホームページ全体で配色のバランスがよく、各項目の見つけやすさは参考になります。

  • ピアノだけでなく他の楽器レッスンを行っている
  • 多数のレッスンやコンサートやイベントを展開している
  • 大手のホームページデザインを参考にしたい

上記に当てはまるなら、ヤマハ音楽教室のデザインからヒントを得てみましょう。

2-2.椿音楽教室

椿音楽教室

椿音楽教室のホームページは、ファーストビューでレッスンに励む写真をスライドショーに用いているのが印象的です。
ファーストビューだけで、さまざまな楽器のレッスンがあり、教室の雰囲気や講師・生徒の様子が伝わります。

全体に楽器のイラストを散りばめ、手書きチックなフォントを用いて親近感を持たせているのも参考になるポイントです。

  • ファーストビューのインパクトにこだわりたい
  • 親しみやすいピアノ教室のホームページを作りたい
  • 独自性のあるデザインを参考にしたい

以上の考えをお持ちなら、ぜひ一度椿音楽教室のホームページを参考にしてください。

2-3.椿音楽教室

椿音楽教室

音楽企画 グラッチェは子どもから大人まで、初心者・未経験など、どなたでもレッスンを受けられるピアノ教室です。
ファーストビューにはスライドごとにキャッチコピーを設けて、レッスンを受けたい人への不安に寄り添っています。

全体的に優しさや柔らかさ、ぬくもりをイメージするデザインで教室の雰囲気を表現し、初心者や未経験者へピアノを習うことへの心理的敷居を下げるように工夫しています。

  • キャッチコピーの使い方を学びたい
  • 教室の雰囲気を表現して未経験者や初心者にも気軽に問い合わせしてほしい

以上の方は音楽企画 グラッチェのホームページの作り方からヒントを得てみてください。

2-4.エークラスミュージック株式会社

エークラスミュージック株式会社

エークラスミュージック株式会社のホームページはシンプルなデザインでわかりやすさが特徴的です。
ジャンルごとにアイコンを挿入し、自分が受けたいレッスンが一目でわかるような工夫がされています。

おすすめコースとしてお試しレッスンやオンラインレッスンを紹介し、体験までのハードルを下げている点も参考になるでしょう。

  • 問い合わせ・申し込みまでの導線のイメージがわかない
  • シンプルでわかりやすいデザインでホームページを作りたい

以上の方は、エークラスミュージック株式会社のホームページをチェックしてみましょう。

2-5.楓ピアノ教室

楓ピアノ教室

楓ピアノ教室のホームページは、動画を使って楽しく丁寧なレッスン風景を伝えるよう工夫されたデザインが特徴です。
ファーストビューに先生と生徒さんの写真を挿入し、親しみやすさを強調させています。

先生の想いやレッスン案内だけでなく、ブログを挿入することで、よりピアノ教室の詳しい内容が確認できます。

  • 親しみやすさが伝わるホームページにしたい
  • どのようなブログを書けばいいかわからない
  • 個人でピアノ教室を開いている

以上の方は、楓ピアノ教室のホームページを参考にしましょう。

2-6.大森ピアノ教室

大森ピアノ教室

大森ピアノ教室は音楽博士号を取得している現役ピアニストが講師をしている教室です。
ファーストビューには講師とピアノのインパクトある画像を用い、閲覧者に強く印象を残します。

ホームページ全体は非常にシンプルにまとめられている分、より高品質な指導が受けられるイメージが伝わります。

  • 人を引きつけるファーストビューを参考にしたい
  • シンプルかつわかりやすいデザイン事例が知りたい

上記の方は大森ピアノ教室のホームページを参考にしましょう。

2-7.まことピアノ教室

まことピアノ教室

まことピアノ教室は男性講師が運営している教室で、信頼・親しみやすさが伝わるホームページデザインが特徴です。
4つの訴求ポイントを特徴的なアイコンでわかりやすくまとめ、ファーストビューに配置して目に入りやすくなるような工夫がされています。

彩度を落としたやわらかな色づかいで優しさを表し、多彩な色を取り入れたポップさで親しみやすさを表現しているのも印象的です。

また、トップをはじめ、講師挨拶や教室の特徴などのコンテンツでレッスン中の講師本人や生徒の写真を使用している点も、安心感・信頼感が伝わります。

  • 安心・信頼が伝わるホームページにしたい
  • 訴求の仕方がイマイチわからない
  • ホームページ内に写真をうまく取り入れたい

上記でお悩みなら、まことピアノ教室のホームページを参考にするといいでしょう。

2-8.鋤柄音楽教室

鋤柄音楽教室

鋤柄音楽教室はサックスとピアノを習うことができる教室です。
ホームページ全体に音符記号がアニメーションで散りばめられており、遊び心が感じられます。

生徒さんのニーズに合わせたレッスンを強みとしており、ファーストビューのすぐ下に配置することで訴求力を強めています。

  • 独自性のあるデザインを取り入れたい
  • 訴求力のあるデザイン・コンテンツを学びたい

以上の方は鋤柄音楽教室のホームページデザインを参考にするといいでしょう。


03ピアノ教室のホームページに必要な項目

ピアノ教室のホームページには、以下の項目が必要です。

項目名 内容
お知らせ・最新情報 親御さんや生徒へお伝えする内容や、教室に関する情報を発信する項目
レッスンコース・料金 レッスンコースの紹介や料金案内をする項目
講師紹介 講師のプロフィールや想いを掲載する項目
お問い合わせ・体験レッスン申込 お問い合わせや体験レッスン申込に関する項目
必要事項を入力してもらうページを作る
よくある質問 お問い合わせの多い質問をあらかじめ掲載しておく項目
アクセス・マップ ピアノ教室までのマップや最寄り駅を掲載する項目

ホームページに訪れるユーザーは何が知りたいのかを明確にすれば、自ずと掲載すべき項目が見えてきます。
上記に加えて、ブログやコラムを挿入して、集客できるホームページを目指してもいいでしょう。

表にまとめた項目をもとに、ぜひご自身が運営するピアノ教室らしさを出してみてください。

ピアノ教室のホームページに必要な項目

04ピアノ教室のホームページで人気を出すポイントとは?

4-1.ターゲットに合わせたデザインにする

ピアノ教室のホームページで人気を出すには、ターゲットに刺さるキャッチコピーやコンテンツを用意する必要があります。
そのため、デザインや構成についての時間の掛け方が、後々の集客力に影響が出てくるでしょう。

例えば、お子さん向けに音楽を習わせたい方をターゲットにする場合、

  • 子どもへ音楽の楽しさを教える
  • 目標を達成する喜びを教える
  • 教室に通うことでピアノが好きになった体験談

以上をキーワードにしてデザイン・コンテンツ準備すると、訴求力が強まります。
ホームページを制作する際は、必ずターゲットありきのデザインであることを理解して取り組みましょう。

4-2.できる限り講師・教室の情報を掲載する

自身が運営しているピアノ教室を知ってもらえば、通いたい・通わせたいと思ってくれる人は増えてくるはずです。

そのためには、できる限り講師や教室の情報を掲載していくのがいいでしょう。

できる限り講師・教室の情報を掲載する

例えば、以下のようなコンテンツに注力するといいかもしれません。

  • 講師の経歴・生徒に対する想いを紹介する
  • 教室の風景や生徒さんにレッスンしている写真・動画
  • ブログにピアノ教室に関する日々の出来事を掲載

講師や教室の雰囲気が伝わるためのコンテンツやデザインを考え、ホームページ内に表現していきましょう。

4-3.写真・動画を活用する

どんなピアノ教室なのかが伝わらないと、通う・通わせる側としては不安です。
そのため、写真を多く活用して、どのようなピアノ教室なのか、見た人が安心できるようにアピールしましょう。

  • 実際にレッスンをしている写真
  • ピアノの写真
  • 教室内や教室周辺の写真
  • 講師の写真

また、動画を用いるのも写真だけではなかなか伝わらない雰囲気や人柄なども見える化できるので効果的です。
ホームページのファーストビューで注目を集めるためにも、写真・動画の活用を検討しておきましょう。

4-4.注目を集めるレッスン名にする

他のピアノ教室との差別化として、注目を集められるレッスンコースを作ってしまうのもポイントの1つです。

基本的にピアノレッスンは個人に合わせて進めていくのがほとんどです。

注目を集めるレッスン名にする

しかし、あえてターゲットに合わせて

  • たのしくおぼえるワクワクコース
  • コンサートに向けた本格レッスンコース
  • 大人向け!未経験でも安心コース

以上のようなレッスン名にするとぱっと見でわかりやすく、より注目を集められ、人気が出やすくなります。
ターゲットが考えているニーズに合わせたレッスン名を考えてみましょう。


05まとめ

今回はピアノ教室のホームページの作り方やデザイン事例、人気が出るポイントについてご紹介しました。

もし、これからホームページ制作をするなら、弊社が提供している「BESTホームページ」をご検討してみてはいかがでしょうか。
BESTホームページでは、直感的な操作で簡単に本格的なホームページを作成できます。

また、デザインや写真素材なども豊富にご用意したおりますので、ご自身でオリジナリティあふれるホームページに仕上げることも可能です。

今なら15日間の無料体験も実施中ですので、まずはご自身に合っているかを確かめてみてください。
ぜひ、今回紹介したポイントをもとに、素敵なピアノ教室のホームページを作りましょう。

― この記事を書いた人 ―

ホームページ作成大学運営

ホームページ作成大学運営

3万サイト・30万ページの提供実績を持つホームページ制作会社が運営。成果の出るホームページ作成・運用ノウハウを初心者の方にも分かりやすくお伝えします!

> このライターの記事一覧


関連記事



― Let's Share! ―

早い!安い!かんたん!中小企業にぴったりのBESTホームページ


専門知識不要!たった3分で充実したホームページを作成できます

初期費用0円、月額6,490円(税込)からご利用いただける中小企業におすすめのホームページ作成サービス。

安価でありながら、効果的な運用を支援する機能が満載!
30,000件の制作実績とノウハウにもとづき、115業種に渡って最適なコンテンツ(文章・画像など)をご用意。

質問に答えていくだけで、業種や目的に合ったホームページがあっという間に完成します。
今なら15日間無料体験実施中!ホームページの作成が初めての方も、ホームページのプロが導入をサポートいたしますので、安心してご利用ください。