Webメディアとは?種類・特徴や業務内容・進め方を徹底解説!

Webメディアとは?種類・特徴や業務内容・進め方を徹底解説!

公開日:2022/9/22
 最終更新日:2022/9/22

  • ホームページ作成大学運営

インターネットの普及とともに新聞・雑誌・テレビ・ラジオといった既存メディアに代わり台頭してきた「Webメディア」。
今や大きな影響力を持つようになり人々の行動にも多大な影響を及ぼしています。

本記事ではそんなWebメディアについて、

  • Webメディアの基礎情報から、種類と特徴について解説
  • 作成の主な流れ、運用する際の評価基準について
  • ジャンル別の具体的な事例

をご紹介します。


01Webメディアってなに?

Webメディアってなに?

Webメディアとは、Web上で情報を発信しているメディアを指し、ニュースサイトから個人ブログまで、多くのWebサイトが該当します。

IT技術が普及する以前のメディアといえば、新聞・テレビ・ラジオ・雑誌などのマスメディアが一般的でした。

1990年代にさしかかると、インターネットが一般家庭に浸透し、手軽に情報を取得できるようになったため、Webメディアが台頭してきたのです。

Webメディアはインターネットメディアとも呼ばれ、ネットユーザーを対象に情報発信をしています。


02Webメディアの種類と特徴

一言にWebメディアといっても、現代ではさまざまな種類があります。
今回は、その中でも代表的な6つのWebメディアと、それぞれの特徴についてご紹介していきましょう。

2-1.1次メディア

1次メディア

引用:PR TIMES

情報の発信元として、記事やニュースを編集・公開するWebメディアを1次メディアと呼びます。
編集者やライターが運営しており、

  • 新聞社
  • 通信社
  • テレビ業界

といった職種が取り扱っている場合が多いです。
基本的には、以下の記事によって1次メディアは成り立っています。

記事の種類 特徴
オリジナル記事 編集部スタッフが書き下ろした記事
寄稿記事 外部のライターが書き下ろした記事
転載記事 海外ニュースの翻訳・引用をした記事

普段見かけるニュースや時事ネタは、1次メディアが情報元として発信している点も特徴です。

また、後述する2次メディアやキュレーションメディアは、1次メディアの情報をもとにしているため、Webメディアの母体ともいっていいでしょう。

例)
  • ねとらぼ
  • モデルプレス
  • PR TIMES

2-2.2次メディア

2次メディア

1次メディアで配信された記事・ニュースを取り上げて発信するメディアが2次メディアです。
見出しや本文の内容を変えずに転載している場合や、注目を集めるように見出しのみ変更している場合があります。

また、2次メディアの中でも、以下のような種類があり、それぞれ特徴が異なります。

メディアの種類 特徴
ポータルサイト 契約に従った配信をする2次メディア
キュレーションサイト(まとめサイト) 情報を流用して配信する2次メディア
ハイブリッド型サイト ポータルサイト+1次メディアとしての機能を持つ2次メディア

2次メディアは大きな集客力が魅力です。
そのため、1次メディアで配信する以上に大量のアクセスが期待できます。

例)
  • SmartNews(スマートニュース)
  • Yahoo!ニュース
  • Gunosy

2-3.オウンドメディア

オウンドメディア

企業・組織が自社内で運営しているWebサイトがオウンドメディアです。

オリジナルかつ読み手に有益な情報を提供することからSEOの評価が高く、現在においては多くの企業・組織が保有するようになりました。
自社で発信または寄稿した記事がほとんどなので、1次メディアと判断することも可能です。

ただし、1次メディアではサブスクリプションや広告からの収入が目的なのに対し、オウンドメディアは自社製品・サービスのコンバージョンや認知が目的です。
どのような目的を持っているかによって、メディアとしての分類を分けることができるでしょう。

例)
  • ホームページ作成大学(アイ・モバイル株式会社)
  • ferret(株式会社ベーシック)
  • 経営ハッカー(freee株式会社)

2-4.CGM(コンシューマージェネレーテッドメディア)

CGM(コンシューマージェネレーテッドメディア)

消費者によって投稿された内容で形成されるメディアCGMです。
口コミサイトやソーシャルメディア(SNS)が該当し、企業ではなくユーザー自身が情報提供を行っています

スマートフォンが普及したことによって、CGMは大幅に浸透し、よりリアルな意見・情報を取得する手段として役立っています。
ただし、消費者が投稿するからこそ、良くも悪くも企業側が意図していない情報が拡散する可能性もあるのがデメリットです。

例)
  • クックパッド
  • ぐるなび
  • みんなの水槽

2-5.キュレーションメディア

キュレーションメディア

引用:All About

キュレーションメディアは、ジャンルやテーマに沿ってまとめたコンテンツを発信するメディアです。
いわゆる「まとめサイト」として、膨大な情報から気になるものを手軽に収集できる利便性の高さが注目を集めています。

また、一般的な運営方法よりもアクセス数が多く、収益を出しやすい点から、WebサイトだけでなくSNSでも取り入れられているジャンルです。

例)
  • All About
  • Men’s Beauty
  • NewsPicks

2-6.バイラルメディア

バイラルメディア

引用:BuzzFeed

バイラルメディアは、爆発的なアクセス数を集めるために話題性やインパクトのある画像・動画を発信するメディアです。

SEO対策による検索上位表示によってアクセスの流入を増やそうとするこれまでのメディアと違い、拡散性の高いSNSからの流入を狙ったコンテンツが多く見受けられ、スマホユーザーに対して最適化されているという特徴が見られます。

バイラルメディアの多くが、コンテンツを作らずネット上に存在する情報を集めて発信する形態であるため、キュレーションメディアと混同しがちですが、バイラルメディアはSNSの拡散性を狙った爆発的なアクセス数が見込めるコンテンツのみ取り扱う点で異なります。

例)
  • BuzzFeed
  • CuRAZY
  • grape

03Webメディアの収益源とは?

Webメディアの収益源とは?

Webメディアでは、主に広告収入を収益源として活動しています。

サブスクリプションによる収入を得ているメディアもありますが、多くは広告からの収益にて成り立っていると考えて良いでしょう。

広告からの収入によってメディアを成長させるのは、CGMも例外ではありません。

CGMでは、YouTuberやインフルエンサーといった消費者が、広告収入の一部を得てメディア成長に貢献しています。


04Webメディア作成の主な流れ

ただやみくもにWebメディアを作成しても、アクセス数が伸びずに運営の継続が困難になっていくでしょう。
そのため、正しいWebメディア作成の流れを理解する必要があります。

どのような流れでWebメディアを作っていけばいいのか解説してまいりますので、ぜひ参考にしてください。

4-1.目標やペルソナの設定

Webメディアを運営する上で、どのようなユーザーが訪問してくれるメディアにしたいのか、目標とペルソナの設定をしなくてはいけません。

目標については、メディアを運営していくことによる結果を考えましょう。
例えば、企業のオウンドメディアの場合は、自社商品・サービスのコンバージョンを目標とし、具体的な数値まで絞り込みます。

また、ペルソナについては、ユーザーの属性を指しており

  • 年齢
  • 性別
  • 職業
  • 年収
  • 家族構成
  • 趣味
  • 悩み
  • Webメディアに訪れるきっかけ

といった部分を、一人の人物像が浮かび上がるまで設定していきましょう。

4-2.コンテンツを作成

目標とペルソナを設定したら、続いてコンテンツの作成です。
ペルソナへのニーズを満たしつつ、信頼できるコンテンツを目指していくと、SEOの評価も高く、次第にファンが増えるでしょう。

信頼を得るためには、

  • コンテンツに精通した専門家やプロが書いた記事であることを伝える
  • 公的機関などの信頼できる一次情報・データを提示・参考にする
  • 権威がある人の発言を引用する

といった方法を用いるのが適切です。

4-3.Webサイトの構築

コンテンツの作成ができたら、Webサイトを構築していきます。

Webサイトをゼロから構築する場合は、多大な労力とコストがかかるため、多くの企業では「WordPress(ワードプレス)」のようなシステムを導入しています。
WordPressはCMS(コンテンツマネジメントシステム)と呼ばれ、プログラミングの知識がなくともWebサイトを構築できるのが特徴です。

もし、ある程度の予算を確保できるなら、Webサイトの構築を外注するという選択肢もあるので覚えておきましょう。

4-4.メディア運用の継続

Webサイトを構築し、コンテンツをアップロード・公開したら、そのままメディア運用を継続していきましょう。
大切なのは、更新頻度を落とさずに信頼できるコンテンツを制作・公開して運用を継続させることです。

上記を継続できれば、悩みを持つユーザーに対して満足のいく訴求ができ、メディアとしての目標を達成できるでしょう。

Webメディア作成の主な流れ

05Webメディアの評価基準とは

Webメディアの価値は、書籍や雑誌のように発行部数や販売部数に限りません。
では、Webメディアの評価基準となる指標をいくつかご紹介します。

5-1.PV(ページビュー)

PV(ページビュー)は、ユーザーがWebサイト内のページを何回見たかを表す数値です。
Webサイトの実績を表す際に用いられることが多く、「月間◯◯PVを獲得したWebメディア」と表現されます。

ただし、1人のユーザーが何ページに渡って行き来しても数字はカウントされていくため、

  • ユーザーが興味を持ってページを行き来しているのか
  • サイト構成がわかりづらいために行き来しているのか

上記のどちらに該当するのかが判断できません。
そのため、PVは評価としてわかりやすい数値ではあるものの、他のデータと比較して正当な数値なのかも見極める必要があります。

5-2.UU(ユニークユーザー)

PVよりも多くのユーザーにとって需要のあるWebメディアか判断しやすいのがUU(ユニークユーザー)です。
UUは特定のページに訪れたユーザー数をカウントするもので、同一ユーザーがどれだけアクセスしてもカウントは「1」にしかなりません。

そのため、Webメディアの目的・方針によってはUUを重視するケースもあります。

5-3.滞在時間

特定のページがどれだけユーザーに価値のあるコンテンツだったかを分析するのには、滞在時間を指標とすると良いでしょう。
滞在時間では、ページごとの滞在時間あるいはセッションごとの滞在時間を計測し、ユーザーがWebサイトをどれだけ見てくれたか検証できます。

単純に考えると、ページの滞在時間が長いほどよく読まれているコンテンツなので、価値があると捉えていいでしょう。
ただし、コンテンツの内容によって滞在時間は異なるため、ページごとに目安の滞在時間を算出して比較をしなくてはいけません。

5-4.検索順位

多くのWebメディアが目指すのは、検索順位1位によるアクセス数の増加です。

そのためには、ユーザーが検索するキーワードに合わせてニーズを満たすコンテンツを作っていかなくてはなりません。
検索順位が高くなればなるほど、ユーザーからの評価として認識でき、なおかつWebメディアやコンテンツが資産となります

Webメディアの評価基準とは

06ジャンル別!Webメディアのサイト

6-1.【ビジネス関連】東洋経済オンライン

株式会社東洋経済新報社が運営するメディアが東洋経済オンラインです。
出版社である利点を活かし、ビジネスや政治経済から、キャリア・教育、ライフといったように幅広く取り扱っているWebメディアになっています。

東洋経済オンラインでは、広告の他にもサブスクリプションによる収益も確保されており、有料会員限定記事では、

  • 週刊東洋経済のバックナンバー
  • 東洋経済オリジナル記事
  • 限定セミナー招待

といった特典がついています。

メディア内で取り扱うジャンルが多いからこそ、トップページではコンテンツを細かく表示している点も特徴です。
また、ランキングやトピックス、特集の項目を設けて、興味・関心を抱かせる工夫もされています。

【ビジネス関連】東洋経済オンライン

6-2.【IT・Web関連】ITmedia

アイティメディア株式会社が運営するWebメディアがITmediaです。
ITmedia以外にも

  • スマートジャパン
  • ねとらぼ
  • EETimes Japan

など、多数のWebメディアを保有しているため、知識と経験が豊富にある会社であることがわかります。
ITmedia自体は前時代的なデザインではあるものの、シンプルだからこそ高い年齢層でも使いやすいレイアウトとも取れるでしょう。

トレンド情報を扱うメディアなので、新着記事にフォーカスされるような仕組みになっており、同時にSNSのシェアやいいね数がわかるようになっています。
また、検索キーワードによるランキング機能もあるため、どのようなキーワードが注目されているかすぐにわかる点も特徴です。

【IT・Web関連】ITmedia

6-3.【マーケティング関連】ferret

株式会社ベーシックが運営するマーケティングに関連したWebメディアがferretです。

マーケティングに関連したメディアだからこそ、思わず読みたくなるようなアイキャッチやタイトルのコンテンツがずらりと並んでいます。
また、ファーストビューから下にスクロールするにつれて画像が小さくなっていくというユーザーの導線や回遊率にもこだわりが感じられます。

記事ごとに設定されたタグを確認できるので、どのようなカテゴリーに分類されるのかもわかり、ユーザーファーストが意識されたレイアウトです。

【マーケティング関連】ferret

6-4.【スポーツ関連】VICTORY

株式会社VICTORYが運営するスポーツメディアがVICTORYです。

野球やサッカー、ゴルフなどのメジャースポーツから、ダンスやサーフィンなど、かなり幅広いジャンルのスポーツ記事を取り扱っています。
トップページ上部にはグリッド状に並ぶ最新記事を大きく見せることで、トレンドを掴みやすくしている点が特徴です。

また、最新記事の下にはVICTORY独自の特集記事や注目記事があり、カテゴリーによって枠色を整えて全体的に見やすい印象を与えています。
トップページに記事へのコメントが見られるのも珍しい仕様でしょう。

【スポーツ関連】VICTORY

6-5.【旅行関連】ことりっぷWEB

株式会社昭文社ホールディングスが運営している旅行に関する国内外の情報を発信するWebメディアがことりっぷWEBです。

ベースをホワイト、アクセントに淡いオレンジを基調としたシンプルなデザインで、画像のインパクトを強めています。
カテゴリーは国内外のエリアだけでなく、ごはんやカフェ、名所・旧跡などのジャンルにも分かれています。

また、自社運営だけでなく、ユーザーによる投稿も行っており、CGMのような側面を持っているのも特徴です。
掲載している情報が有益なだけでなく、ユーザーが参加して一緒に楽しめるメディアとなっているのが人気の理由でしょう。

【旅行関連】ことりっぷWEB

07まとめ

今回は、Webメディアについて、種類や特徴、作成方法をご紹介しました。
Webメディアは自社の認知度向上だけでなく、広告収入や商品・サービスのコンバージョンにつながるきっかけになることがわかっていただけたのではないでしょうか。

もし、Webメディアを作りたい企業の中で、社内リソースの確保が難しい場合には、弊社の「BESTホームページ」をご検討ください。

BESTホームページは、誰でも簡単に開設・運営ができるような直感的な操作システムを導入したCMSです。
コンテンツ制作にリソースを割きたい、ホームページ制作に知識を持つ人材がいない、という場合でも安心して使えます。
操作中にわからないことがあっても、弊社自慢のスタッフがオンラインビデオツールにてサポートさせていただきます。

それでもいきなり契約するのは不安、という企業の方も多いでしょう。
そこで安心してサービスをご利用いただけるよう、弊社では15日間のBESTホームページ全機能が使える無料体験を実施中です。

BESTホームページを使って、Webメディアが作れるかどうか、この機会にぜひお試しください。

― この記事を書いた人 ―

ホームページ作成大学運営

ホームページ作成大学運営

3万サイト・30万ページの提供実績を持つホームページ制作会社が運営。成果の出るホームページ作成・運用ノウハウを初心者の方にも分かりやすくお伝えします!

> このライターの記事一覧


関連記事



― Let's Share! ―

早い!安い!かんたん!中小企業にぴったりのBESTホームページ


専門知識不要!たった3分で充実したホームページを作成できます

初期費用0円、月額6,490円(税込)からご利用いただける中小企業におすすめのホームページ作成サービス。

安価でありながら、効果的な運用を支援する機能が満載!
30,000件の制作実績とノウハウにもとづき、115業種に渡って最適なコンテンツ(文章・画像など)をご用意。

質問に答えていくだけで、業種や目的に合ったホームページがあっという間に完成します。
今なら15日間無料体験実施中!ホームページの作成が初めての方も、ホームページのプロが導入をサポートいたしますので、安心してご利用ください。