売れるホームページの制作方法とは?デザインのポイントをわかりやすく解説

売れるホームページの制作方法とは?デザインのポイントをわかりやすく解説

公開日:2022/4/28
 最終更新日:2022/4/28

  • ホームページ作成大学運営

アクセスは増えているけど購入やお問い合わせのコンバージョンが伸びないと悩んでいる企業も多いです。

いわゆる”売れるホームページ”にするには、ユーザーの心を動かす要素を取り入れていかなくてはいけません。
そうはいっても、ユーザーの心を動かすにはどうすればいいの?と疑問に思う方も多いでしょう。

そこで今回は、売れるホームページの制作方法について解説します。
一番難しいとされるデザインのポイントについても触れていくので、ぜひ参考にしてください。


01売れるホームページの要素とは?

ホームページにおいて”売れる”とは、「ホームページからどれだけ売上が出ているか」です。

ホームページの売上は”訪問者数・成約率・単価”であり、どの部分が課題なのかで対策も変わります。

特に重要なのが成約率です。

どれだけ訪問者数が多くても、成約率が低いと売上が伸びにくくなります。

売れるホームページの要素とは?

しかし、訪問者数や単価も考えなくてはいけないので、バランスよく改善できるのが理想です。

そして、訪問者数・成約率・単価を改善するには、以下の3つの要素が鍵となります。

  • デザイン
  • 施策
  • キャッチコピー

では、それぞれの要素がどう関係していくのかを見ていきましょう。

1-1.デザイン

ホームページのデザインはブランドや商品・サービスのイメージを与える要素です。
どれだけ魅力的な写真や文章だとしても、デザイン次第で台無しになってしまいます。

  • ファーストビューでユーザーの心を掴む
  • ユーザーの視線の動きに合わせたコンテンツを配置する
  • 使用カラーは統一する

上記のようなポイントをもとに、デザインを進めていきます。

1-2.施策

施策と表現するとイメージがつきにくいですが、具体的には以下のような項目を指します。

  • 訪問者数を増やす
  • ホームページ直帰率を下げて滞在時間を伸ばす
  • 訪問者を行動させる(成約率を高める)
  • ホームページ上の単価を上げる

訪問者数を伸ばすために、SEOを意識したコンテンツを追加するなどが施策の例です。
ホームページ全体の課題を見つけ、効果的な施策をすれば、訪問者数や成約率に良い影響を与えます。

効果的な施策を見つけるには、アクセス解析ツールやソフトを導入して仮説・検証できるようにしましょう。

1-3.キャッチコピー

キャッチコピーは短くシンプルながら、ユーザーの心に響く、あるいは記憶に残りやすい文章にする必要があります。
有名なキャッチコピーを以下にいくつかあげましょう。

  • ニトリ:お、ねだん以上
  • カルピス:カラダにピース。
  • ファミリーマート:あなたとコンビに
  • セブンイレブン:セブンイレブン、いい気分
  • やっぱりイナバ、100人乗っても大丈夫!

上記の中には、意識していなくとも、知らずに記憶に残っているキャッチコピーがあるはずです。
短い文章の中に商品・サービスの特徴や魅力が詰まっていて、尚且つ見た人をぐっと惹き付ける魅力があるので、売れるホームページにする場合にも大切な要素といえます。

売れるホームページの要素とは?

02売れないホームページの要素とは?

売れないホームページにも共通点があります。

  • 訪問者がいない・少ない
  • 商品・サービスの魅力がない
  • ユーザーファーストの配慮がされていない

訪問者がいないことには成約はされないので、アクセス数を上げる施策をしなくてはいけません。

また、成約率が悪い場合には商品・サービスの魅力がないかユーザーファーストの配慮がされていない可能性が高いです。
商品・サービスの訴求ポイントはどこなのか、他社との違いについて分析をしなくてはいけません。

ユーザーファーストの配慮については、以下のような項目を改善すべきです。

  • ユーザーの視線の動きに合わせたコンテンツ作り
  • ホームページの表示速度
  • コンテンツのクオリティ
  • スマホ・タブレット対応のデザインにする(レスポンシブデザイン)
  • CTA(問い合わせフォームや購入などのボタン)がわかりにくい

売れないホームページには必ず原因があるので、まずはどこが問題なのかを突き止めるところから始めましょう。

売れないホームページの要素とは?

03売れるホームページのデザインのポイント

売れるホームページが取り入れているデザインのポイントについて解説します。

3-1.ファーストビューに力をいれる

ユーザーがホームページを見るかどうか決める最も重要な部分がファーストビューです。
実際、ホームページを読み進めるかは3秒で決める、という3秒の法則が知られています。

そのため、ユーザーが目を留めやすいような工夫をファーストビューに取り入れましょう。
具体的には

  • インパクトのある画像やアニメーション
  • 魅力的なキャッチコピー
  • ユーザーの悩みや共感できる文言

を配置するのがおすすめです。
ユーザーに「このホームページをもう少し見てみたい」と思わせるファーストビューにしていきましょう。

3-2.Zの法則・Fの法則を取り入れたレイアウトにする

ユーザーの視線の動きには、Zの法則・Fの法則の2つがあります。

左上・右上・左下・右下の順番で視線が移る法則がZの法則です。
つまり、ホームページの中でユーザーの心を動かすコンテンツは左上に配置するべきだといえます。

一方、左から右へと水平に移動し、読み終えたら少し下にいき、また左から右へと水平移動する視線の動きがFの法則です。

まとめると、重要なコンテンツは左上、なおかつ上部に配置するのが最適といえます。
また、CTAは視線の終わりに配置すべきなので、右下あるいは右側に設置しましょう。

Zの法則・Fの法則を取り入れたレイアウトにする

3-3.自社オリジナルの写真・画像を使う

フリー素材ばかりで作られたホームページより、オリジナル画像の多いホームページの方が魅力的で且つユーザーに信頼感や安心感を与えることができます。
そのため、できるだけ自社オリジナルの写真・画像を用意しておき、ホームページ内に取り入れましょう。

特に商品・サービスについては、別角度や実際に使用した写真が何枚かあると、ユーザーがイメージしやすくなります。

3-4.自社オリジナルの写真・画像を使う

現在、インターネットを利用するユーザーの6割以上がスマホなので、ホームページをスマホ対応デザインにするのは必須です。
実際に、検索エンジンもスマホ未対応デザインとスマホ対応デザインなら、後者を評価対象にしています。

スマホ対応ホームページを作成するなら、レスポンシブデザインという制作方法がおすすめです。
自社ホームページがレスポンシブデザインになっているか、必ず確認しておきましょう。

売れるホームページのデザインのポイント

04売れるホームページの施策のポイント

売れるホームページにするには、集客や成約につながる施策も行っていく必要があります。
では、ここからは具体的な施策のポイントをご紹介するので、ぜひ自社ホームページに取り入れてみてください。

4-1.SEO対策を行う

訪問者数をアップさせるには、SEO対策をするのが長期的に見ると効果的です。
SEOはSearch Engine Optimizationの略称で、検索エンジンでホームページを上位表示させる施策と考えてください。

例えば、ホームページを上位表示させたい悩みを持ったユーザーが「ホームページ 上位表示」と検索するとします。
「ホームページ 上位表示」というキーワードで調べるユーザーの悩みを解決する記事・コンテンツを追加するのが、SEOの施策です。

SEOのデメリットは即効性がない点ですが、うまくいけば長期的に効果が続くため、現在のWebマーケティングでは必ず取り入れられます。
具体的なSEO対策については以下の記事を参考にしてください。

4-2.広告運用をする

即効性のあるマーケティング戦略の1つが広告運用です。

Web広告には

  • リスティング広告(PPC広告)
  • アフィリエイト広告
  • ディスプレイ広告
  • リターゲティング広告
  • アドネットワーク広告

などさまざまあります。
どれが効果的なのかは、提供する商品・サービスによって変わるので、自社に最適な広告を見つけなくてはいけません。

ただし、ニーズのあるキーワードがわかっている場合は、リスティング広告が最適です。
リスティング広告は、ユーザーの検索ワードに連動して表示される広告で、検索結果の上部・下部に表示されます。

予算が確保できている場合は、SEO対策と並行して広告運用するのもいいでしょう。

4-3.CTAを見直す

CTAは成約につながる大事なコンテンツです。
CTAとは「Call To Action(コール トゥ アクション)」の略で、日本語では「行動喚起」と訳されます。
ホームページの訪問者に具体的な起こさせること、もしくは、具体的な行動を起こさせるための画像やテキスト部分のことをいいます。

よく失敗しがちなケースとして、以下の3つがあります。

  • イメージカラーと同じ問い合わせフォーム・購入ボタンにする(周囲に馴染んでしまってどれがCTAボタンかわからない)
  • CTAボタンが小さくて見つけにくい(押せない、クリックできない)
  • ユーザーの導線上にCTAが配置されていない(見逃されてしまう)

CTAは、とにかく目立つような色と大きさにすべきです。
実際に、CTAボタンの色・大きさを変えるだけで成約率が上がった例もあります。

さらに、先ほどのZの法則・Fの法則に基づいて、CTAは右下や右側に配置しましょう。

LP(ランディングページ )のような1ページ完結型のホームページの場合は、

  • ファーストビューの直下
  • 商品・サービス説明の下
  • 料金表の下

など、ユーザーが行動を起こすきっかけになりやすい部分に設置するのがおすすめです。

4-4.お客様の声・実績を取り入れる

商品・サービスを信頼してもらうために、お客様の声や実績を取り入れる施策があります。

人は物事を決める際に、第三者の意見を参考にするケースが多いです。
また、商品・サービスがどのくらい導入・購入されたのか、賞を取った実績もあれば、より信頼性は増すでしょう。

そのため、お客様の声や実績をホームページ内に設置するのも検討すべきです。

  • お客様の声はより具体的な意見を掲載する
  • 実績は具体的な数字や賞を掲載する

以上を意識してみてください。

売れるホームページの施策のポイント

05売れるホームページのキャッチコピーのポイント

最後に、売れるホームページのキャッチコピーについてです。
キャッチコピーはあまり多すぎても読み飛ばされてしまうため、長いものは好まれず文字数が限られてきます。

そのため、どれだけ伝える内容を端的にできるか、より後続の詳しい詳細を読んでもらえるように期待感を持ってもらえるか、が勝負になります。
では、それぞれのポイントについて見ていきましょう。

5-1.「いますぐ解決したい人」をターゲットにする

キャッチコピーは自社商品・サービスを必要としている人、つまり「今すぐ悩みを解決したい人」をターゲットにします。
なぜなら、キャッチコピーには詰め込める情報が限られている分、ターゲットを広くすると響きにくい文章になるからです。

例えば、ダイエットで痩せたい女性を考えてみましょう。

  • A. 痩せたい女性に最適なダイエット法はこちら
  • B. 夏までにお腹痩せしたい女性に最適なダイエット法はこちら

Bの方が該当するユーザーは少ないものの、「私の探しているのはまさにコレだ」となりやすいです。
上記のように、いますぐ解決したい人にターゲットを絞り、キャッチコピーを考えましょう。

5-2.具体的な数字を使ってインパクトを与える

具体的な数字な数字を使ってインパクトを与える方法もあります。

先ほどのダイエットで痩せたい女性を例にすると

  • A. 夏までにお腹痩せしたい女性に最適なダイエット法はこちら
  • B. 夏までにウエスト-10cm!お腹痩せしたい女性に最適なダイエット方法はこちらいかがでしょうか。

数字を使うことで具体性が増し、より響きやすいフレーズになったはずです。

このように、数字は具体的なイメージを持たせて興味を持たせます。
使用する数字については、

  • 導入・購入数
  • 利用者の満足度
  • ショッピングモールのランキング(◯◯部門で◯位など)

と、さまざまです。

自社の商品・サービスがどのような数字を持っているのかを分析し、キャッチコピーに活かしてください。

5-3.伝えたいことは1つに絞る

商品・サービスについて分析すればするほど、伝えたいことは増えていきます。
しかし、キャッチコピーは短く端的にすべきなので、自ずと伝えられる量も少ないです。

そもそもキャッチコピーは、ユーザーに興味を持ってもらうきっかけに過ぎません。
そのため、ターゲットを絞るのと同様に、キャッチコピーの伝えたいことも1つ、多くても2つに絞りましょう。

売れるホームページのキャッチコピーのポイント

06困ったときはBESTホームページへ

売れるホームページにするには、さまざまな対策をしなくてはいけないので、企業によってはリソースを割けない場合もあるでしょう。

「もっと簡単にホームページの運用・更新ができたら・・・」
「SEOや対策について相談に乗ってほしい・・・」

上記の悩みでお困りなら、弊社の「BESTホームページ」がおすすめです。

困ったときはBESTホームページへ

BESTホームページでは、HTML・CSSといったプログラミング知識不要で、誰でも簡単にホームページが作れます。
デザインのテンプレートも1万種類以上、業種ごとでも選べるため、少ない時間でも”売れるホームページ”が制作可能です。

さらに、メールとサイトによるサポートが付いており、プランによっては電話でのサポートも対応しています。
BESTホームページ」の使い方やホームページの制作について、お気軽にご相談が可能です。

今なら全機能が利用できる15日間の無料体験を実施しています。
この機会にぜひ、BESTホームページをご検討ください。


07まとめ

今回は、売れるホームページの制作方法や具体的なポイントについて解説しました。
ホームページで売上をあげるには、訪問者数・成約数・単価を上げるのが最適です。

今回紹介したデザインや施策、キャッチコピーのポイントを使えば、上記3つの改善ができるはずです。

ぜひ、本記事を参考にして、売れるホームページを作っていきましょう。

― この記事を書いた人 ―

ホームページ作成大学運営

ホームページ作成大学運営

3万サイト・30万ページの提供実績を持つホームページ制作会社が運営。成果の出るホームページ作成・運用ノウハウを初心者の方にも分かりやすくお伝えします!


関連記事








― Let's Share! ―

早い!安い!かんたん!中小企業にぴったりのBESTホームページ


専門知識不要!たった3分で充実したホームページを作成できます

初期費用0円、月額6,490円(税込)からご利用いただける中小企業におすすめのホームページ作成サービス。

安価でありながら、効果的な運用を支援する機能が満載!
30,000件の制作実績とノウハウにもとづき、115業種に渡って最適なコンテンツ(文章・画像など)をご用意。

質問に答えていくだけで、業種や目的に合ったホームページがあっという間に完成します。
今なら15日間無料体験実施中!ホームページの作成が初めての方も、ホームページのプロが導入をサポートいたしますので、安心してご利用ください。