ホームページ作成大学

  公開日:2021/4/9

最終更新日:2021/4/9

  • ホームページ作成大学運営

幼稚園・保育園向けホームページ作成に必要な情報ページは?

大切なお子様を保育園・幼稚園に預けようと考えた際、環境や安全はもちろん、どのような年間行事があるか、入園までの手続き方法などを事前に知っておきたいと思うのが当たり前ではないでしょうか?

子育てをしている保護者の方の時間は限られており、その中で保育園・幼稚園選びをするために、まず目にするのがホームページです。

手元のスマートフォンから簡単に検索できるようになった今、知りたい情報が簡潔にまとまっており、かつ「この保育園・幼稚園なら自分の子供を任せたい」と思わせるホームページを準備するのが大切です。

しかし、実際ホームページを作成するにあたり、どのようなページを作ればいいのか分からないという方が多いのではないでしょうか?

そこで、今回は業種別ホームページ運用法の第七弾として、幼稚園・保育園向けのホームページに必要なページと、そのページ内容についてご紹介していきます。

ぜひホームページ作成の参考にしてください。

幼稚園・保育園向けホームページ作成に必要なページとは?


1.目的の明確化

ホームページ作成を行う上で、まずは目的を明確にすることが重要です。
明確な目的を持つことで、作成するページの方向性もイメージしやすくなります。

例えば、

新規入園者の獲得。
ホームページを通して園の方針を伝えることで入園するまでの対応(問合せや見学会)を保護者の方に理解していただく。

など、ホームページで実現したいことを予め決めておきましょう。


2.ターゲットの設定

目的の次に重要なこととして、ターゲットの設定を行います。

目的を持ってホームページを作成したものの、アクセス数・問合せ数に繋がらない場合、このターゲット層を明確にできていない可能性があります。

例えば、「○○県の○○市内周辺地域で、子供の成長と教育を大切にすることを方針とする園」の場合、ターゲット層は通園可能な地域(通園バスが利用できる、送り迎えが確実に可能な地域)に住み、園の方針と合う保護者の方々になります。

そこからさらに深掘りし、年齢層、家族構成、交通手段、料金、方針に対するニーズといった、入園希望をしてくださる方の特徴や目的を具体的にイメージしたうえでホームページを作成することが重要です。

特定の地域で幼稚園・保育園を探している保護者の方イメージ

また、園へ通うための交通手段として、通園バスの有無、どのあたりまでならお迎えが可能か、自宅から直接お預けする場合についてなど、親御さん側の家庭事情や住む地域、状況をイメージしたうえで「あらかじめ確認しておきたいと思う情報」を事前に記載しておくことで親切なページ構成となります。

ホームページを閲覧するターゲットを明確にし、常にユーザーファーストなホームページ作成を心がけましょう


3.ホームページの目的とターゲットに合わせた情報の整理

目的とターゲットが明確にできたら、最後に保護者の方が実際に入園希望をお願いするイメージを考慮し、保護者の方の視点(ユーザー視点)で園を紹介します。

保護者の方が求めている情報は、どこにあるのか、どのような行事・保育を行っているのか、どんな環境なのか、どんなことを大切にしているのか、入園料金や入園までの流れなどです。

そういった情報をすぐに見せられるよう、トップページにメニューボタンやバナーを置いて遷移を促すことや、既に入園しているお子さんの保護者の方に向けたお知らせ(お便り)を設置するなど簡潔で見やすいページ構成になるよう工夫しましょう。

施工作業イメージ

また、毎日元気に遊ぶ子供たちの画像はお子さんを預けている保護者の方に安心を与えるとともに園の魅力の一つでもあるため、トップページには子供たちの写真を使ったバナーなどを多用することでより「明るさ」を表現できます。

ユーザーファーストが重要視される今、自身が保護者としてそのホームページを見に来た場合、どういった情報を求めるのか、見やすいと感じるのかをイメージするとより良いホームページとなります。


4.幼稚園・保育園向けホームページに必要なページと作成例

幼稚園・保育園向けホームページに多く見られるページは以下の7つです。

1. ホーム(トップページ)
2. 園の紹介
3. 施設紹介
4. 保育内容(一日の流れなど)
5. 年間行事
6. 入園案内
7. お知らせ(お便りなど)

※当社調べ

■ ホーム(トップページ)

トップページのメインビジュアルには「園の風景」、「先生と子供たち」、「子供たちが遊んでいる様子」「子供たちの笑顔」の写真や画像を置くことが多いです。

また、明るく、元気に過ごせるイメージをホームページから感じ取ってもらうために、メインビジュアル以外の写真やバナー画像のデザインも綺麗で明るい写真やポップなイラスト(動物系)を使い、子供らしさ溢れるデザインにする傾向があります。
(※明るいという点では、茶色などを使った高級感のあるデザインにすることもあります)

綺麗な写真を撮るメリットについては下記記事を参考にしてください。

また、ページ内には概ね保育目標・方針に加え、下層ページ遷移用のメニューを置くことが多いです。
既に入園済の保護者の方やそうでない方とで閲覧目的が異なるため、目的としているページへ遷移しやすい構造にすることで見やすく、使いやすい構成となります。

作成例:

キャッチコピー
目的に沿った園を探している保護者の方に向けたキャッチコピーを発信し、ターゲットとしている保護者の方に呼びかける役割を果たします。

園の「優れた点」や「特徴」をアピールしましょう。
コンセプト・方針・理念
コンセプトや園の方針を伝えることは、もちろんですが他の園と差別化するために「売り」「大切にしていること」の部分をアピールする必要があります。
メニューリンク(下層ページメニュー)
特に見る頻度が高いと予想される下層ページへの導線をバナーメニューで置いたり、「メニューはこちら」といったボタンを設置し、保護者の方が目的とする見たいページへすぐに飛べるようにしたりします。

(※より使いやすいホームページ構成にすることで探す手間を省かせる)

(※画像リンクなどでページ内容がイメージできる画像をクリックさせるのも視覚的に分かりやすくなります)
お知らせ・園概要・アクセス・お問合せ先情報
お知らせをトップに載せることで入園後に何を行っているかが分かるとともに、入園者向けにきちんと情報発信していることをアピール出来ます。

また、電話番号やお見積り・お問合せフォームへのリンクバナーなど連絡に最低限必要な情報もトップページにも載せることが多いです。

(※全ページ共通となるヘッダーやフッターに置くケースも多いです)
ページイメージ画像

■ 園の紹介

作成例:

基本情報や職員情報
園の基本情報や、職員の在籍数、役職などを記載します。

保護者の方によっては栄養士の方とご相談したいケースもあるかと思いますので、在籍している方の職種も示すとより丁寧です。
園の様子などの画像
文章よりももっと効果的に様子を知ることができるのが写真です。

紹介ページにはなるべく園の様子として、年間行事の写真、子供たちが走り回り、笑顔溢れる写真を載せることで、保護者の方に直接雰囲気を感じ取ってもらえるようになります。
園長挨拶
別ページで単一ページとして設けることが多いですが、園の紹介ページに入れるケースもあります。

園で大切にしていることやポイント、保護者の方に伝えたいことを記載しましょう。
ページイメージ画像

■ 施設紹介

作成例:

施設の特長
保護者の方は子供の安全はもちろん、体調管理にも気を使います。

施設内の空調設備状況や、遊具の詳細、安全管理状況など細かく記載しましょう。
設備のご紹介
文章だけではなく、視覚的に分かりやすい写真を掲載することでよりイメージがしやすくなります。
ページイメージ画像

■ 保育内容(一日の流れなど)

作成例:

一日の流れ(スケジュール)
「どんな風に過ごしているのか?」というのは、保護者にとって気になるところです。

分かりやすいスケジュール表や、写真、コメントなどを掲載することで、園の方針などもアピールすることが出来ます。
ページイメージ画像

■ 年間行事

作成例:

行事紹介
年間の主な行事を掲載します。
画像などで実際の様子も一緒に掲載するとよりイメージが湧きやすく、幼稚園の雰囲気もアピールできます。
年間行事アルバム
行事のアルバム画像を掲載することで、現在入園されている保護者の方にとっては過去の行事の思い出を確認できるとともに、新たに入園希望をされる方には生活の楽しさを感じていただけます。

※限定公開ページ(パスワード付きの専用ページ)として作成、公開し、現在入園されている保護者の方にのみ閲覧できるようにする作り方もあります
ページイメージ画像

■ 入園案内

作成例:

入園についての詳細
入園を希望されている保護者の方が、一番気になるページです。

入園に関する問合せ内容などをこちらのページで分かりやすく、詳細に説明します。

・願書受付
・募集人数
・入園料
・月額保険料
・その他の料金
・保育時間
など・・・
入園までの流れ
入園までの簡単な流れがあると、どのような形で面接が進むのか保護者の方により理解いただけます。
ページイメージ画像

■ お知らせ(お便りなど)

作成例:

お知らせ内容
1日体験入園、季節の行事の案内などを掲載します。

頻繁に更新し、常に新しい情報を掲載することで検索エンジン対策にも役立ちます。

また、入園済の保護者の方が確認するための情報掲載場所でもあるため、見やすい、分かりやすい更新が出来るよう整えましょう。
ページイメージ画像

5.スマートフォンにも配慮したページ作成

ホームページ作成にあたり、もう一つ気にしなくてはならないといけないのが、閲覧する機器・デバイスについてです。

近年ではPCからだけではなく、手元のスマートフォンから簡単に情報を検索できるようになり、スマートフォンで閲覧される機会が格段に増えています。

幼稚園・保育園向けホームページは、スマートフォンからのアクセスが7割近くを占めているという結果が出ています。(※当社調べ)

スマートフォンからのアクセス

そのため、ホームページ作成においても、ページに載せる内容を検討後、最後にスマートフォンで見た時にどのように見えるのかということを、PC閲覧時の見た目以上に気にかけてみてください。

公開後のページを自身のスマートフォンで確認してみて、見づらい、分かりづらいと感じるようであれば、スマートフォンでの閲覧時に見やすいと感じる構成・デザインに変更しましょう。


6.まとめ

幼稚園・保育園向けホームページでは、園の紹介、年間行事、入園案内といった、入園前に確認しておきたい情報に加え、入園後の連絡・お知らせ内容の確認、年間行事の思いでを振り返るページ(写真を見にくる)といった情報掲載と連絡事項を確認する場所としての役割を保護者の方から求められています。

デザインやコンセプトは、明るい色合い、カラフルでポップな印象を与えるようなデザインが好まれる傾向があります。

色合いに関しては、原色のはっきりとした色はあまり使わず、パステルカラーよりの薄い色合いで明るさとやわらかさを表現するデザインが多いです。

また、ポップな印象を与えるデザインの場合には、動物などのイラスト画像を多用したり、バナー画像のデザインを四角ではなく、丸や花の形にしたりと「角」を無くすデザインにすることが多いです。

加えて、どのようなデザインであっても「子供たちの元気な姿」を見せるために綺麗な写真を多く掲載するということが一番保護者の方に伝わりやすい手段となります。

お客様にとって見やすいページを作ること、よりユーザーファーストなページを心がけることで、アクセス数にも繋がっていきます。

その他、ユーザーファーストなサイトマップの作り方やアクセス数の分析に役立つ情報についてはこちらも参考にしてください。


BESTホームページならページ作成に困りません!

BESTホームページなら、たった3分でホームページを作成できる簡単作成機能と充実の業種別コンテンツをご用意しております。

初期費用0円、月額6,490円(税込)からご利用いただける中小企業にぴったりのホームページ作成サービスです。

専門知識は不要!30,000件の制作実績とノウハウにもとづき、113業種に渡って最適なコンテンツ(文章・画像など)をご用意しており、質問に答えていくだけで、業種や目的に合ったコンテンツ入りホームページがあっという間に完成します。

今なら15日間無料体験実施中!ホームページの作成が初めての方も、ホームページのプロが導入をサポートいたしますので、安心してご利用ください。



― Let's Share! ―

早い!安い!かんたん!中小企業にぴったりのBESTホームページ


専門知識不要!たった3分で充実したホームページを作成できます

初期費用0円、月額6,490円(税込)からご利用いただける中小企業におすすめのホームページ作成サービス。

安価でありながら、効果的な運用を支援する機能が満載!
30,000件の制作実績とノウハウにもとづき、113業種に渡って最適なコンテンツ(文章・画像など)をご用意。

質問に答えていくだけで、業種や目的に合ったホームページがあっという間に完成します。
今なら15日間無料体験実施中!ホームページの作成が初めての方も、ホームページのプロが導入をサポートいたしますので、安心してご利用ください。


本記事へのコメントはこちらから

 [必須]


いずれかを選択してください