ホームページ作成大学

  公開日:2021/12/24

最終更新日:2021/12/24

  • ホームページ作成大学運営

ホームページの維持費はどれくらい?管理費の相場や内訳を紹介

「ホームページを作りたいけど、維持費はどれくらいかかるの?」
「制作会社に管理費の見積もりを出してもらったけど、高いのか安いのかわからない」

ホームページの作成や運用をする中で、ドメイン代やサーバー代など、発生する費用が多くて悩んでしまいます。
外部委託の場合も、維持費の内訳を理解していなければ、不要な出費になることも。

そこで今回は、ホームページにかかる維持費について紹介します。
この記事を読んで、維持費の相場について参考になれば幸いです。

ホームページの維持費・管理費の相場


1.ホームページの維持費とは

ホームページの維持費とは、運営や管理をする際に発生する費用を指します。

企業によっては、更新やメンテナンスを外部委託する際の費用と定める場合もありますが、広い意味では、自身で運営・管理する際のすべてのコストを維持費として捉えます。

また、ホームページ作成費用と同様、ほとんどの場合で勘定科目を「広告宣伝費」として計上することが多いです。

今回も、運営・管理する際のすべてのコストをホームページ維持費として紹介するので覚えておいてください。
ホームページの運営や管理にかかる費用は、主に以下の6種類です。

サーバー費用
ドメイン費用
管理費
更新費
SEO費用
広告費

では、それぞれがどのような費用か見ていきましょう。

1-1.サーバー費用


ホームページは、必ずサーバーを経由してインターネット上に公開されます。
自社でサーバーを用意する企業もありますが、一般的にはレンタルサーバーで運用することが多いです。

そのため、サーバーのレンタル代が維持費としてかかることになります。
レンタルサーバーを提供している有名な3社の料金は以下の通りです。

サーバー名 月額料金(税込)
エックスサーバー スタンダード:1,100円
プレミアム:2,200円
ビジネス:4,400円
ConoHa WING ベーシック:1,320円
スタンダード:2,640円
プレミアム:5,280円
さくらのレンタルサーバー ライト:131円
スタンダード:524円
プレミアム: 1,571円
ビジネス:2,619円
ビジネスプロ:4,714円
マネージドサーバ:13,200円~

※12ヶ月契約時の月額料金を算出しています
※初期費用は含んでおりません

レンタルサーバーを提供している会社によって、提供するストレージや料金プランが異なります。
自社がどのくらいの容量が必要か、提供してもらえるオプションなども見比べて、適切なサーバー会社を選びましょう。

1-2.ドメイン費用


ドメインとは、当サイトでいえば https://www.best-hp.jp/univ/ の中で best-hp.jp/univ/ の部分を指しています。
独自ドメインなら好きな文字を入力できるため、企業名や商品名を入れて覚えやすいURLにするケースが多いです。

レンタルサーバーを提供する会社によっては、サーバー契約と同時に無料でドメインをもらえる場合もあります。
ドメインは「.jp」や「.com」などのURL末尾によって金額が変わり、安いものは1円から購入できます。
購入初年度は安くても、更新する際に価格が上がるドメインもあるため、更新時には注意が必要です。

ただし、ドメイン費用の相場は月額1〜1,000円ほどなので、そこまで出費になることはないでしょう。

ドメイン費用

1-3.管理費


管理費は、ホームページが常に正常に表示されるために

サーバー・ドメインの設定
アップデートの実施
セキュリティの管理

の作業にかかる費用です。
サーバーやドメインの契約が切れてしまっているのに気づかないと、ホームページがインターネット上に公開されなくなってしまいます。

また、ホームページにCMSを導入している場合、定期的なアップデートやプラグインの導入が必要です。

以上のような工程を外部に任せることで、安心してホームページの運営ができるようになります。
管理費は外部委託で依頼する際にかかる費用で、自社ですべて管理する際には発生しません。

大体月額5,000円〜20,000円が管理費の相場になります。

ホームページ運用の知識や自信がない
更新や戦略の部分に注力したい

以上に該当するなら、管理を外部に任せることを検討しましょう。

1-4.更新費


更新費は、ホームページ内のページのテキストや画像の変更をする際に発生する費用です。

有料の画像を使用する場合を除き、自社で管理するなら更新費は発生しません。
外部に委託する際は、既存ページのテキスト・画像の変更なら1回5,000円前後が相場の価格です。

ただし、新しくページを増やす、あるいは大幅な変更を依頼する場合は、さらに費用は高くなります。
新費用が気になるなら、更新は自社で行いやすいCMSを導入するなどの工夫が必要です。

更新費

1-5.SEO費用


ホームページを検索上位に表示させてアクセスや成約率アップを狙うのがSEO対策です。
SEO対策は、狙う検索キーワードによっては難易度が高くなり、長期的な視野で行わなければなりません。

そのため、SEO対策だけ外部委託に任せる企業も多いです。

しかし、専門知識が必要な点から、費用を支払った後は、さほどSEO対策作業をしてくれない業者も中には存在します。
もしSEO対策を外部に委託するなら、信頼できる業者かどうか、実績や口コミなども参考に、よく吟味して選びましょう。

SEO対策を委託する場合の費用は、低く見積もっても月額5,000円〜10,000円からです。
細かく見ていくと

記事・コンテンツの作成・・・1,000〜30,000円
被リンク対策・・・30,000円〜

などもあります。

SEO対策はどのようなことをするのか、知識として理解しておけば、依頼する際もイメージがしやすいでしょう。
SEO対策について詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

1-6.広告費


SEO対策よりも効果が出やすい集客方法が広告運用です。

自社で行う場合、リスティングやバナー広告などがわかりやすく始めやすいでしょう。

広告運用をするなら最低でも月30,000〜50,000円は予算の確保をしなくてはいけません。
また、外部委託する場合は、業者が提供する広告運用方法により、30,000〜100万円以上と相場のばらつきが大きいです。

効率を求めるなら、成果が出やすい広告媒体を見つけてから予算を注ぎ込むのがおすすめです。
外部委託時も、どのような広告を利用し、どのくらいの成果が見込めるのかをしっかりと確認してから決めましょう。

広告費

2.ホームページの維持費の相場

ホームページの維持費は予算によって、できるだけ安く抑えるか、費用を支払って人に任せるかのどちらかになります。

では次に、それぞれに応じてかかる維持費の相場について見ていきましょう。

2-1.安く抑えたい場合


できるだけ安く抑えたい場合、自社でホームページの運営・管理を行うのが最適です。
自社で運営・管理をする際の維持費は

サーバー代・・・2,000〜100,000円/年
ドメイン代・・・100〜10,000円/年

程度となります。

比較的安いサーバーとドメインを利用すれば、月額5,000円以下での運用も可能でしょう。

ただし、メンテナンスや更新作業をすべて自社で行う必要があります。
SEO対策や広告運用などの難しい知識を必要とするものだけ、外部に委託するのもいいでしょう。

2-2.人に任せたい場合


もし、委託する予算が確保できているなら、プロに任せてしまう方が安心です。
ホームページの維持に関わるすべてを委託した場合の内訳は、

サーバー代・・・2,000〜100,000円/年
ドメイン代・・・100〜10,000円/年
管理費・・・5,000〜20,000円/月
更新費・・・5,000円〜/回
SEO費・・・5,000円〜/月
広告費・・・30,000円〜/月

となります。

簡単なコンテンツ修正・追加
月に数時間程度の作業代行
メンテナンスやアップデート、障害管理

といった比較的簡単な依頼なら、月額1万円〜3万円で済むでしょう。
上記に加え

複数回のコンテンツ修正・追加
SEO対策・コンテンツマーケティングのサポート
ホームページ上で成果を出す戦略的コンサルティング
月次レポート

なども希望しているなら、さらに維持費は高くなります。

集客やアクセスアップのアドバイス程度に留めるなら月額5万円以上、本格的なサポートを希望するなら月額20万円以上はかかるでしょう。

また、制作会社によって強みがあります。
SEOに強い会社にはSEO対策を、簡単な運営・管理はコストパフォーマンスの良い制作会社を、といったように分けて依頼することも可能です。

そのため、依頼先の会社が何を得意としているかを把握しておくのも忘れないようにしましょう。
目的別でおすすめの制作会社が知りたい方は、以下の記事で紹介していますので参考にしてください。

人に任せたい場合

3.ホームページを維持する際の注意点

ホームページを運営・管理していく中で、明確にしておくべき項目が存在します。
もし、何も知らずに外部へ委託すると、ムダな出費が発生する可能性も。

適切なコストで依頼するためにも、これから紹介するホームページを維持する際の注意点について理解しておきましょう。

3-1.対応可能な作業・委託する作業を確認する


先ほど紹介した維持費の中で、自社で対応可能な作業と外部に委託する作業の確認が必要です。

例えば、

サーバー・ドメインの管理はできる
コンテンツの修正・更新は自社の担当が行う

などのように、自社でできる作業がある分、維持費を抑えられます。
反対に

サーバーシステムのトラブル対応
SEO対策を取り入れたいコンテンツの追加

など、自社で管理が厳しい作業は、委託を検討しましょう。

その際、委託先の制作会社が、どの程度まで管理してくれるのかも把握しておくのも忘れないようにしてください。

また、この一連の作業は、ホームページを制作する段階でハッキリさせておくと便利です。
もし、ホームページが完成した後に検討しても、委託先のサーバーを使用しているなどの理由で、簡単に変更できない恐れがあるからです。

後々のことを考えて、設計段階から自社管理から外部委託までの作業範囲を明確にしておきましょう。

対応可能な作業・委託する作業を確認する

3-2.サーバーとドメインは自社で管理する


制作会社によっては、サーバーとドメインの取得を代行してくれるところがあります。
しかし、サーバーの設置とドメイン設定は、自社で管理したほうが維持費は安く済む場合がほとんどです。

自社で管理する際は、サーバーとドメインそれぞれで契約期間が設けられているので、更新手続きは忘れないようにしておきましょう。

サーバーとドメインの管理を外部へ委託するときの注意点は、どのサーバーにホームページがアップロードされるのか、という点です。
仮に、制作会社が自身で契約しているサーバーに、自社のホームページをアップロードする方式を取っていたとしましょう。

上記の方式では、委託先を変えるなどの理由で管理費を支払わなくなると、ホームページを設置するサーバーも利用できなくなり、インターネットに表示されなくなります

上記のようなアクシデントが起こらないためにも、サーバーとドメインの管理は、なるべく自社でやる方がおすすめです。

サーバーとドメインは自社で管理する

4.まとめ

今回はホームページを運営・管理する際に発生する費用について紹介しました。
維持費をなるべく安く抑えたいなら、できるだけ自社で管理するのを推奨します。

しかし、知識や時間がない場合には、どのような作業を自社で行い、外部に委託するか明確にしておきましょう。

ぜひ、ホームページの運営・管理の維持費を理解し、適切なコストで依頼ができるようになってください。



― Let's Share! ―

早い!安い!かんたん!中小企業にぴったりのBESTホームページ


専門知識不要!たった3分で充実したホームページを作成できます

初期費用0円、月額6,490円(税込)からご利用いただける中小企業におすすめのホームページ作成サービス。

安価でありながら、効果的な運用を支援する機能が満載!
30,000件の制作実績とノウハウにもとづき、113業種に渡って最適なコンテンツ(文章・画像など)をご用意。

質問に答えていくだけで、業種や目的に合ったホームページがあっという間に完成します。
今なら15日間無料体験実施中!ホームページの作成が初めての方も、ホームページのプロが導入をサポートいたしますので、安心してご利用ください。


本記事へのコメントはこちらから

 [必須]


いずれかを選択してください